剣道を始めませんか?

 剣道は剣道具を着用し竹刀を用いて一対一で打突しあう運動競技種目とみられますが、稽古を続けることによって心身を鍛錬し人間形成を目指す「武道」です。
 剣道を始めるといろいろな効果が出てきます。保護者の方に聞いてみますと、

  • ・礼儀正しくなった。
  • ・姿勢がよくなった。
  • ・大きな声ではっきり意見ができるようになった。
  • ・恥ずかしがらずに挨拶ができるようになった。
  • ・体力がついて風邪を引きにくくなった。
  • ・集中力がついた。

 などなど、他にもいろいろ聞きますが、このような効果が出てくるのは剣道が「武道」であるからだと思います。
 私たちはまず、剣道は礼に始まり、礼に終わることを指導します。剣道は相手を攻撃する競技だからこそ、勝負の場においても「礼節を尊ぶ」ことを重視します。お互いを敬う心と形(かたち)の礼法指導によって、節度ある生活態度を身につけ、「交剣知愛」の輪を広げていくことができるのです。
 また、よく「生涯剣道」といわれます。剣道は、世代を超えて学び合う道である。「技」を通じて「道」を求め、社会の活力を高めながら、豊かな生命観を育み、文化としての剣道を実践していくことを指導の目標としています。
 
 いま、このような「武道教育」が着目され、中学校教育にも採用され、必修科目となり、剣道も選択可能となりました。

真剣に取り組んでこそ本当の友ができる!

 私たちは、試合に勝つことを一番の目的に剣道を修行してますが、決して「勝利至上主義」ではありません。
 剣道の稽古は、時には厳しい稽古も行わなければ強くなりません。その厳しい稽古を乗り越えるひとつのモチベーションとして「試合に勝つ」という目標を掲げているのです。
 また、そんな厳しい稽古をともに乗り越えることで本当に困ったときに無償で助け合える心の友ができます。剣道を通じで形成される人脈は横のつながりだけではなく、先生や先輩後輩と、縦のつながりもできます。真剣な修行を通じでできた人脈は本当にかけがえのないものであり、一生の宝物になります。
 私たちと真剣に剣道に取り組んでみませんか?

剣道を始めるに当たって

 剣道するにはさまざまな道具が必要となりますが、剣道を始めるに当っていきなりすべてを揃える必要はありません。初心者のうちは体操服でも大丈夫ですし、竹刀等の貸与もできます。
 真剣に取り組むとなればすべて揃えなければなりませんが、面や小手といった剣道具は、きちんと手入れすれば長く使えるものがほとんどですし、最初はお下がりなどもありますので、もし少しでも剣道に興味がありましたまずはお気軽に見学にお越し下さい。

更新情報・お知らせ

2014/5/25
ホームページリニューアル
2014/6/2
活動記録更新